工法

プラセシオン ガーデンの2×4工法

大震災に耐えた2×4住宅。
耐震性に加え耐火性・遮音性・断熱性にも優れた工法。
主に2 インチ×4 インチの木材を使用し床・壁・天井の6 面体の壁で建物を支える工法。日本ツーバイフォー建築協会の調査によると、ツーバイフォー住宅のうち東日本大震災では98%、阪神淡路大震災でも96%が補修をしなくても継続して居住可能な状態である耐震性が実証された。
(社団法人日本ツーバイフォー建築協会HP より抜粋)

耐震等級3

本物件は長期優良住宅適合証にて耐震等級3基準をクリアした耐震性能の住宅です(消防署や警察署など防災拠点となる建物の基準と同等の耐震性能)。

壁のしくみ

ベーパバリア工法

室内の空気(湿気)を壁内部に侵入するのを防ぐため、防湿気密フィルムを張ります。この工法により永年に渡り建物の構造体を湿気から守ります。

通気工法

外壁材と構造躯体との間に外気が流れる層をつくり湿気を外部に放出する事により壁内結露を少なくし建物の耐久性を高めます。

ファイヤーストップ構造

壁内部が区画された2×4工法は、火災発生時の延焼時間を抑える効果が有り、火災保険料も割安で経済的です。

ペアガラス+遮熱ガラス

居室空間の窓ガラスはLow-Eペアガラス(遮熱ガラス)を採用。遮熱高断熱特殊金属膜によって太陽光線による赤外線や紫外線を大幅にカットし、夏は涼しく、冬は室内の暖気を外に逃さず、住まう人にとって快適な空間を実現します。

高断熱仕様(断熱等性能等級4同等)

壁・天井には断熱性能の高いロックウール92mm(ロフト天井はロックウール100mm)を充填し、床下は、特に湿気に強い押出法ポリスチレンフォームの断熱材60mmを採用。箇所によって断熱材を使い分け、より効果的に断熱性能を高めてます。

構造金物

釘は一般的に使用されている釘と異なり、頭の大きいコモンネイルを使用。基礎と土台とはアンカーボルトにて固定。屋根タルキにハリケーンタイを使用し、台風時の屋根の吹上げを抑えます。その他に、帯金物・隅固め金物等接合材として重要な金物があります。

地盤調査(地盤保証20年)

スウェーデン式サウンディング方式を採用。調査の結果を精査して、安心して暮らせるように最適な基礎設計にしています。引渡し日より20 年間不等沈下に伴う建物の破損部の修復を保証します。

基礎

基礎のしくみ(ベタ基礎を標準採用)

ベタ基礎とは建物の底板全面を鉄筋コンクリートにした基礎です。不同沈下の防止や防腐、防蟻、防湿に有効な基礎です。耐震等級3構造のため、構造計算により配筋間隔・立ち上がり基礎幅・地中梁等増強される部位があります。さらにベタ基礎下部には防湿シートを敷き詰め地中からの湿気を防ぎます。

基礎パッキン工法

基礎パッキン工法によりの床下換気口の面積が広がり、床下にまんべんなく空気を送ることが可能で、湿気から土台(耐久性の高い米ヒバを採用)、建物を守り、建物の耐久性を向上させます。また、基礎に換気口を開けないのでクラック(ひび)などの問題も回避できます。

※販売を開始するまで契約及び予約の申し込み及び申込順位の確保は一切できません。確定情報は新規分譲広告にて明示します。(販売開始予定時期:平成30年5月下旬予定)

資料請求受付中

現地案内図

資料請求

Copyright © 2018 MARUMI SANGYO Co.,Ltd. All Right Reserved.